トップページ

フィークル村の様子

フィークル村の自然

田舎生活あれこれ

アイルランドで英語

アイルランドで英語

アイルランドで畑仕事

アイルランドで結婚

アイルランドでマタニティー

アイルランドで出産

アイルランドで子育て

アイリッシュコテージのご案内

田舎生活写真集

アイルランド不定期便(ブログ)

リ ン ク



田舎生活あれこれ


アイルランドで暮らし始めてはや数年、こちらの生活にもずいぶん慣れてきました。
それでも住み始めた当時は、驚きと混乱、不安の連続だった気がします。
日本とアイルランドの違いであることももちろんありますが、都会から田舎に
来たために感じるギャップのことが多いようです。
このページでは、日本人としてアイルランドの田舎で生活していて面白いなと
思うトピックや、生活のあれこれについてまとめてみました。


天アイルランドの天気気・・体感温度  経済的!?暖房設備  水道代のない国  ごみの出し方

日本食三昧、食生活  日本への関心  何もないところからのスタート  質素という美徳



大家さんの昔ながらの干し草刈り


天気・・体感温度

「How are you」のあいさつが終わると、すぐさまその日の天気の話を始めるのがアイルランド流です。

アイルランドの天気といえば、低い雲がどこまでも続き、晴れ間がのぞいたかと思うと突然の雨、また曇ってまた雨、というようにはっきりしないことがとても多いです。もちろん、一日中晴れの日や、雨の日、曇りの日もありますが、「明日は全国的に晴れですが、ところによっては雨が何回か降るでしょう」というあいまいな天気が多いのは事実です。こちらに来た当初は、こんな天気でも天気予報があることと、それを熱心に見ているアイルランド人がときどきとても滑稽に思えてなりませんでした。

そんな気まぐれな天気なので、突然の雨に見舞われることは珍しいことではありません。日本では「明日は雨」と言われれば翌朝雨が降っていなくても折り畳み傘などを持って外出しますが、こちらは「降られるかもしれないし、降られないかもしれない」わけですので、傘をあらかじめ持参する、という考え方があまり浸透しているようには見えません。しかもこのような天気の時は、雨は降っても通り雨程度のものがほとんどで、長くは降らなかったり降ってもずぶ濡れになるほどではないので、みんな眉間にしわを寄せながら平気で歩いていたり、お店の屋根の下や大きな木の下などで雨がやむのをのんきに待っていたりします。日本のように酸性雨が体に触れるのはよくないという話もこちらでは聞いたことがないし、雨にはとても無頓着な、まさに雨の国です。

気温は年間を通して涼しく、夏でも20℃代前半ぐらいまでしか上がりません。(とは言え、異常気象で30℃前後まで気温が上がったこともありました)ですから冷房設備というものは基本的にはありません。冬は0〜10℃まで下がります。しかし緯度のわりには大西洋側から来る暖流のおかげでマイナスになるようなことは真冬の早朝を除けばほとんどないといっていいでしょう。ですから日本のようにはっきりとした四季はなく、気温も夏と冬で30度も差があるわけではないのです。
面白いのは、例えば夏に15度しか気温が上がらなくても、アイルランド人の中にはちゃんと「今は夏!」という感覚があって、ノースリーブに短パン、サンダル姿だったりします。私は真夏でも寒ければセーターを来ているし、夜の外出にジャケットだって羽織りますが、アイルランド人の友人に会うとまるで常夏の島にでもいるような格好で、つい笑ってしまいます。

しかも、アイルランドは風がよく吹くために体感温度は実際の温度よりも冷たく感じられます。気温の低い冬の日に、強い雨と風があると外に出るのが心底億劫に感じられます。この「体感温度」ですが、私たち日本人の体感温度とアイルランド人のそれとはかなりギャップがあるようなのです。例えば、私がインナーにシャツ、厚手のセーターを着込んでいる横で、夫はTシャツ一枚で「寒くない」と言っていたり、私が「ぬくぬく暖かくて快適な室温!」と思っている時に、友人に「この部屋にいると暑くて干上がっちゃいそう」と言われたりします。
ですから、誰かの家を訪ねたりした時に体感温度が違うために、私にとっては耐えられないほど部屋の中が寒いということがあります。自分だけ寒くて他の人たちは平気なわけですから言い出すこともできず、結局コートを着たままお茶を飲む、なんてことにもなりかねません。アイルランド旅行を計画中の方は、このことに注意が必要です・・・!?
逆に、暑さに対してはどうかというと、30度以上の猛暑になることがないので分かりませんが、いつか夫とポルトガルを旅行した時は、彼は毎日30度以上の気温に体力を奪われ、かなりやつれていました。一方私は「日本の夏より湿気がなくて気持ちいい」と感じていたので、これは慣れかもしれませんね。



経済的!?暖房設備

一般的にはまだアイルランドの家のほとんどに暖炉やストーブ(黒い扉付きのもの)、レンジと呼ばれるオーブン付きのものがあり、薪、泥炭、石炭などを燃やして家を暖めています。最近ではリモコンで電源を入れるだけで火がつくガス暖炉、ガスストーブも増えています。もう一つ一般的なのはオイルを使って水をあたため、そのお湯を壁沿いに設置された暖房機器に流して部屋を暖める方法です。ほとんどの一般家庭には裏庭や家のすぐ外側にこれ用のオイルタンクがあります。しかしオイルやガスに頼った生活はいつか終わりが来るでしょうし、最近ではオイルやガスを使わないでどうやって家を暖めるかということに注目が集まっています。ソーラーパネルを使ってお湯を作る方法や、木を原料に特殊加工したチップ状のものを燃やしてオイルの代わりにするなど、いくつかの新しい選択があるようです。

私が感動したのは、ただ暖炉やレンジの火で部屋をあたためるだけではなく、これらの後ろもしくは内側にバックボイラーと呼ばれるL字型の金属が埋め込まれており、そこに水を通してお湯をあたためる方法です。私たちが今住んでいる家もこのタイプで、レンジを使っている時はタンクのお湯がとても熱くなり、オイルも電気もガスも使わずにお風呂に入ることができます。

日本にいた頃は灯油ストーブ、電気ストーブ、ガスストーブでしたが、こちらは薪や泥炭といったごく身近にある天然資源を燃料にしているのがいいなと思います。燃え盛る火を見つめているだけでもとても幸せですし、煙突から白い煙が出ている様子も絵になります。



水道代のない国

アイルランドに来て衝撃的だったのは、水道代がないということです。これも雨の多い国だからということでしょうか。確かに日本のように、夏に干ばつになって節水するなどという心配とは無縁の国です。
都市や町村の中心地で水道管が通っている地域では、一定以上の水の使用量を越えると水道代が発生しますが、私たちのように家が点在するような田舎では一軒一軒の家に井戸が掘ってあるので水道代はありません。

都市や町村の水道管理は各カウンティーが行っており、湖や川からの水を浄化して各家庭に水道管を通し、支給しています。しかし、カウンティーによってはこの水道管理がずさんで、ここクレアのエニスやお隣のカウンティーのゴールウェイ市周辺の水道水は、誤ってそのまま飲むと腹痛を起こすほどひどかったことも過去にあり、く、深刻な問題となっていました。

水道代がないとどういうことが起こるかというと、水に対してとてもルーズになります。歯を磨いている間も水は出しっぱなし、食器を洗っている途中で電話がなっても水を止めずにそのままおしゃべり、シャワーは10分、15分一度も止めずに浴びる、ということが起こってくるわけです。日本では「水は地球の大切な資源」と言いますし、古くから「水罰」という言葉もあるほどですが、アイルランドでは「水がもったいない」という感覚がないようです。
洗濯にははお風呂の水を使う、食器洗いも効率よく水を無駄に使わない、と母に厳しく言われて育った私にとっては、このアイルランド人の水に対するルーズさがカルチャーショックだったと同時にかなりの抵抗がありました。

アイルランドの水は硬水ですが、基本的には水道水は日本と同じく飲み水として利用できます。「アイルランドに行くたびにシャワーの水のせいで髪の毛がガサガサになる」と言う日本の友人もいますが、私はもう慣れてしまって何の不都合もありません。日本に帰ると、日本の水が妙にサラサラしているようには感じますが。



ごみの出し方

日本にいた頃は団地住まいで、ごみはいつ何時でも好きな時に捨てに行っていました。アイルランドでは、町に住んでいる多くの人が民間企業が運営するごみ収集のサービスを利用しています。燃えるごみ、燃えないごみ、リサイクルごみなどを曜日ごと、月ごとに回収してくれるわけですが、もちろん有料です。田舎に住んでいてもこのサービスは利用できますが、私たちを含め多くの人が隣町にあるごみリサイクルセンターに捨てに行っています。月曜日から土曜日まで開いていて、粗大ごみも出せるのでとても便利です。
リサイクルごみを含め、ごみはすべて有料ですが回収サービスを利用するよりも安価です。このごみリサイクルセンターはクレアカウンティーによって運営されているので、カウンティーによってごみの出し方は違うのかもしれません。
いずれにせよ、ごみを出すにはお金がかかるというのがアイルランドの常識です。

前回日本に帰省した時はごみの分別が細かくなっていて、ビンや缶はもちろん「プラ」マークのついたプラスチック容器やポリ袋まで分別回収されていて感激しました。ここまでごみの分別が進むと、焼却されるごみがものすごく減ります。母は「燃えるごみよりもプラマークのついたごみの方が断然多い」と言っていましたが、私もアイルランドでこれを痛感しています。日本から送ってもらう食材から出るごみの多いこと。過剰包装とはまさにこのことでしょう。また、日本の食材がプラスチックの袋に入っているのに比べ、こちらの食材は瓶や缶が多いことにも気がつきました。

しかしながら、よく日本で耳にした「欧米ではごみのリサイクル化が進んでいる。日本もこれを見習おう」というスローガンの「欧米」に、アイルランドは入っていなかったなあと思います。アイルランドでごみ問題に焦点が当てられるようになったのは近年のことで、リサイクルもまだ始まったばかりです。
アイルランドの田舎では、牧草地や森林に車や荷台でやってきて大型ごみを不法投棄する人が多く、問題になっています。よくドライブしていると「ここにごみを捨てると罰金何千ユーロ」と書かれた看板をよく見かけるのはこのためです。

田舎では自分の私有地でごみを燃やしてしまう人もたくさんいます。何エーカーという規模の私有地ですから隣近所に煙が行くという心配もほとんどありません。しかも、アイルランドでは暖炉やストーブでごみを燃やすこともできますから、「外で燃やしても同じこと」という感覚もあるのかもしれません。しかし、見つかると何千ユーロかの罰金が課せられるらしいです。
また、裏庭などにごみを埋めてしまう人も結構いるようです。特にリサイクルの発想がなかった昔は、かなり多くの人が穴を掘ってごみを埋めていたそうです。

ダブリンでは、あるごみ収集業者が「生ごみ」のリサイクルを始めて話題になっていました。都市の生活は忙しくて庭でコンポストを作る人も少なく、野菜の皮などもごみとして捨てていたのが、これを回収することで最終的には土に返すという考え方です。こんなユニークな発想も出てきて、アイルランドのごみリサイクルはこれからという感じです。



日本食三昧、食生活

日本の友人にはよく「毎日何を食べてるの?」と聞かれますが、私たちはいわゆるアイルランドの家庭料理はときどき食卓に出てくる程度で、それよりは和食のことが多いです。日本から送ってもらった食材や自分たちで作った野菜(畑で採れる野菜についてはアイルランドで畑仕事をご覧ください)、そしてイタリア産の日本米(「日の出」という銘柄・・・でもなぜかShinodeという綴り。パッケージに怪しいお侍さんの絵があります)などを駆使して和食を作っています。
クレアの下に位置するリムリックの大きな町にある中国系食材店に行くと、桃屋キムチの素やかっぱえびせん、できたての豆腐、干ししいたけ、キッコーマンの1リットルの醤油、ミツカンのみりんなどが手に入ります。お米はそれほどおいしいとは言えませんが、少なくとも日本米ですので私たちの食生活には欠かせません。フィークルの自宅から1時間弱の距離ですので、ここにはちょくちょく買い出しに行っています。

逆に、手に入らないものもたくさんあります。まずは何と言っても野菜です。スーパーの野菜コーナーに行っても、ジャガイモ、にんじん、キャベツなど定番野菜ばかりで、葉っぱものの野菜が少ないといつも思います。売っている魚の種類もかなり貧相、値段も高くて悲しくなります。魚よりも肉を摂取する食文化なので、これは仕方がないのでしょうが、アイルランドが海に囲まれた島国であることを考えるとどうしても納得がいきません・・・!

海外に暮らす日本人に「向こうでは何を食べてるの?」と聞く日本人の感覚は、食文化が豊かな証拠だと思います。



日本への関心

フィークルの人に「日本人です」と言うと、「ああ、ジャパン!」と言ったっきり、その後特に何もイメージが浮かばないで困っているようです。日本車はたくさん走っているし、日本の電化製品もこんなに定着しているのに、日本のことはあまり知られていません。「トーキョー」という都市の名前は知っていても、どこにあるのか、そもそも日本という国がどこにあるのかも知らない人が多いのではないかと思います。
よく外国人に日本のイメージを聞くと、「ゲイシャ、フジヤマ」などと言いますが、田舎のアイルランド人はそれさえも知らないと思います。また、「日本からです」というと中国の話をし始める人もよくいます。(「長い壁があるよねえ!」(万里の長城のことでしょうね)とか・・)こちらとしては隣国とはいえ違う国ですからしっくりしないのですが、日本人の中にもアイルランドとイギリスがごっちゃになっている人がいるのと同じなのだろうと思います。

また、一般的なアイルランド人の中には「日本は暖かい(暑い)国」、もっと言うと「熱帯(トロピカル)の国」という印象があるようです。ですから、「日本はね、確かに夏は全国的にとても暑いし30度以上になるけど、長〜い島国だし、気候は地域によってずいぶん違うのよ。冬には東京でも雪が降ることだってあるし、アイルランドより寒い地域だってあるのよ」と言うと大変驚かれます。
中には富士山の写真を見て「マウントフジ」と分かる人や禅に関心のある人、日本食が好きな人(毎日味噌汁を飲んでいるとか)もいますがごく少数派です。

アジア人に対する差別もあると聞きますが、私は今のところこのような経験をしたことがありません。道を歩いていて興味本位で男性から声をかけられたり、からかうような口調をされたりということはごくたまにありますが、それも差別というほどのものではありません。



何にもないところからのスタート

結婚してアイルランドに越してきた時、夫の家には洗濯機がありませんでした。
どうやって洗濯をしていたかというと、バケツに洗剤とお湯を入れて、そこに服をつっ込んでそのまま数時間ほったらかし。格好良く言えば「つけおき洗い」ということでしょうか。それから服を絞って、水のしたたる洗濯物を干すのです。乾くまで何日もかかるし、こんな洗い方で本当に汚れが落ちているのか心配にもなりましたが、涼しい気候ときれいな空気のおかげで服は思ったほど汚れておらず、二人暮らしで出る洗濯物の量も限られていたので、慣れればそれほど苦ではありませんでした。シーツなどの大きい洗濯物だけは、夫の実家に持っていって義母に洗ってもらっていました。

ないもの自慢をしてもしょうがない話ですが、ちなみに掃除機もありませんでした。
チリやほこりは小さなほうきで掃いていました。大きな家ではなかったので、こちらも大して苦とも思いませんでした。

キッチンには調理用のコンロがぽつんとありましたが、よく見るとキャンプ用のガスコンロです。キャンプ用なので蓋が閉まるようになっていて、ガスボトルもなくなるたびに町のアウトドアのお店で小さな携帯用のを買っていました。

もう一つなかったものはテレビです。いえ、正しく言えばテレビはあったのですが、常に食器棚の奥に収納されていました。年に数回、夫の好きなラグビーの中継がある時に登場するだけでした。テレビがあると常に見てしまう=時間が無駄になる、ということで私も慣れてしまうとテレビなしの生活は意外にも快適でした。

テレビがなければ当然インターネットなんてものがあるはずもありません。固定電話がそもそもなかったので、携帯電話はすぐに購入しました。Eメールやネットでの調べ物などは週に一度、夫の実家に行ったときに済ませていました。

と、まあざっとこんな感じでとにかく無いもの尽くしのアイルランド生活でした。
今になってみると、どうしてあのような生活環境で不満も言わずのんきにやってられたんだろう?と自分でも可笑しくて仕方ありません。男性の一人暮らしゆえにもののない家だったということなのでしょうが、私は新境地での生活に向けて肩に相当力が入っていたのだろうと思います。「そうか、こういうものなのか!」とそのまま受け取り、懸命にこちらでの生活に順応しようと頑張っていたのだろうと思います。健気だわ・・・。



質素という美徳

日本に住んでいた頃はとにかく周りに物が溢れていて、物を買わない生活、持たない生活をするのはとても難しかったように思います。それが、ここアイルランドでの田舎生活は環境がずいぶん違います。田舎なのでお店を物色することがめったになく、まずは物欲がなくなりました。

また、アイルランド人の暮らしぶりを見ていると、その質素な生活ぶりが私にとってはちょっとした衝撃でした。例えばアルミホイルやサランラップは何度も使いまわす、タオルは原形をとどめなくなるまで雑巾などとして使い古す、シミの付いた服や穴の開いた服でも普段着として着続ける、などです。これは、貧乏くさいとかけちとかではなく、むしろ物を大事にするという精神のようで、何も考えずにポイポイと物を捨てていた自分とは対照的でした。

また、上記にあるように結婚当初はいわゆる家庭の必需品でさえ我が家にはなく、今思うとずいぶん不便な生活をしていました。家電に頼らず自らの手で作業をするので時間もかかります。
でもしばらくすると、これが返って自分の時間のペースをスローダウンしてくれていることに気がついたのです。それと同時に、便利な物に頼った生活は実は自分のライフスタイルを更にせわしなくさせているのではないか。そう感じるようになりました。

今では洗濯機は大活躍ですし、テレビもリビングルームに居座っています。でもできるだけ物に頼らない生活を送ること、そして所有している物に対しては愛着を持って最後まで使い続けること。
アイルランドに来て学んだこの質素という美徳は、いつまでも大切にしたい生活のあり方です。


このページのトップへ

inserted by FC2 system